n02haGS

サルとセックスしたホモが居るという事実
1:名無しさん@おーぷん
2016/12/06(火)17:09:56 ID:l1t
サルは犬猫より理解できんわ・・・醜いだけやろ

引用元
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1481011796

2:名無しさん@おーぷん
2016/12/06(火)17:10:39 ID:vnt
HIV初感染者の話?
サル免疫不全ウイルス(サルめんえきふぜんウイルス、英: Simian Immuno-deficiency Virus: SIV )は、霊長類を自然宿主とするウイルスであり、宿主の免疫細胞に感染し免疫細胞を破壊して、後天的に免疫不全を発症させるウイルスである。SIVはアフリカ大陸に生息する霊長類に広く分布しており、アフリカミドリザル等のセルコピテクス属、マンドリル等のドリル属、スーティーマンガベー等のマンガベー属、そしてチンパンジーから分離されている。アジアに生息するマカク属のサルからも分離されているが、自然感染の例が無く、全てアメリカの霊長類センターで飼育されているサルから分離されたため、同施設で飼育されていたアフリカ産のサルから感染したものと考えられている。ウイルスの分類上は、エンベロープを持つプラス鎖の一本鎖RNAウイルスであるレトロウイルス科( Retrovividae )レンチウイルス(lentivirus)亜群に属する。SIVとして一括りにされているが、実際には多くの種類が存在する。SIVはヒト免疫不全ウイルスのHIV-1、HIV-2の起源と考えられており、突然変異によって人に感染する能力を獲得したものと考えられている。

4:名無しさん@おーぷん
2016/12/06(火)17:11:34 ID:l1t
>>2
そう
別にキャリアーを差別するわけじゃなく
過去にサルとヤッたホモが居るという事実に震える
3:名無しさん@おーぷん
2016/12/06(火)17:11:11 ID:fWh
こま?
5:名無しさん@おーぷん
2016/12/06(火)17:11:50 ID:2sy
気軽にホモセ出来なくした戦犯
7:名無しさん@おーぷん
2016/12/06(火)17:12:38 ID:l1t
>>5
ホモどころかノンケのセックスにも支障出てるんだよなあ
体の相性が合う人を探すのが困難になってる
6:名無しさん@おーぷん
2016/12/06(火)17:12:34 ID:Z2h
割りとマジで頭おかしい
8:名無しさん@おーぷん
2016/12/06(火)17:13:17 ID:eSh


なんでや!サルはメスやったかもしれへんやろ!
9:名無しさん@おーぷん
2016/12/06(火)17:13:57 ID:vnt
こマ?

アフリカ開拓するときに感染してるサルをたまたま触っただけと違うん?

調べてないからなんとも言えんが
10:名無しさん@おーぷん
2016/12/06(火)17:14:29 ID:l1t
>>9
HIVは接触感染しないぞ
11:名無しさん@おーぷん
2016/12/06(火)17:15:27 ID:b9g
豚のチンコはドリル型らしいな
ケツに入れたらヤバそう
14:名無しさん@おーぷん
2016/12/06(火)17:17:33 ID:l1t
>>11
ブタもまだサルよりは理解できる
SMの一環でブタに犯されてるのを鑑賞するプレイとかはありそう
12:名無しさん@おーぷん
2016/12/06(火)17:16:37 ID:l1t
サルとセックスするかサルの血液を輸血せん限りHIVにはならんぞ
例えば経口感染なら体液をバケツ一杯飲まないと感染しないぞ
そもそもバケツ一杯の体液を集めてるうちに空気に触れるだけでウイルスが死ぬぞ
15:名無しさん@おーぷん
2016/12/06(火)17:18:02 ID:PTA
猿ちんぽをフェラしても感染せんのか?
16:名無しさん@おーぷん
2016/12/06(火)17:18:25 ID:l1t
>>15
虫歯か口内炎が無い限り感染しないはず
20:名無しさん@おーぷん
2016/12/06(火)17:19:58 ID:PTA
>>16
はえ~
17:名無しさん@おーぷん
2016/12/06(火)17:18:57 ID:EHX
人類はヤギで満足しておくべきだったという神のご意思やね
19:名無しさん@おーぷん
2016/12/06(火)17:19:20 ID:SCj
大戦犯もいいとこやな
21:名無しさん@おーぷん
2016/12/06(火)17:20:27 ID:vnt
感染したサルをたくさん触ってたらなりそうなもんやが

まあワイがサルとヤった人間がいるってことを信じたくないだけかもしれんが
23:名無しさん@おーぷん
2016/12/06(火)17:20:44 ID:3KX
エイズっていつどこで生まれたかもわからんし
セックスしたのもまだ人間が猿人の時かもしれんやん
24:名無しさん@おーぷん
2016/12/06(火)17:22:34 ID:l1t
>>23
エイズと疑わしき症例が見られるのは1950年以降らしいで
25:名無しさん@おーぷん
2016/12/06(火)17:24:47 ID:aHP
正直人類の戦犯ランキングで3位くらいには入ってきそう
28:名無しさん@おーぷん
2016/12/06(火)17:26:14 ID:IFs
他の病気みたいに予防ができないからなぁ…
逆転写酵素阻害が予防接種みたいな感じで幼少期に何回か打てば大丈夫なようになればいいけど
31:名無しさん@おーぷん
2016/12/06(火)17:28:27 ID:fWh
サルってちっちゃくないんか?
32:名無しさん@おーぷん
2016/12/06(火)17:29:31 ID:l1t
>>31
大型もおるで
33:名無しさん@おーぷん
2016/12/06(火)17:30:30 ID:IFs
完全予防するのはほぼ不可能やろなぁ
インフルエンザも無理やし
34:名無しさん@おーぷん
2016/12/06(火)17:31:23 ID:l1t
そういえば眼球に蓄積したHIVウイルスを駆除して完治に導く研究あったとおもうんやけど
いつ実用化するんやろか?
35:名無しさん@おーぷん
2016/12/06(火)17:32:21 ID:9Ln
人間の遺伝子を妊娠した猿がいたがたしか処分されたはず
37:名無しさん@おーぷん
2016/12/06(火)17:33:08 ID:J9k
>>35
マ?
40:名無しさん@おーぷん
2016/12/06(火)17:34:15 ID:IFs
>>35
生物学的にそれは不可能なはずなんやが
45:名無しさん@おーぷん
2016/12/06(火)17:52:37 ID:l1t
>>40
種の違いが生殖可能かどうかで判断されるのは事実やが
「生殖可能」っていうのはあくまで半永久的に生殖が続くって意味やで
1世代で終わる雑種が生まれる可能性は否定できんぞ
41:名無しさん@おーぷん
2016/12/06(火)17:35:41 ID:9Ln
>>40かなり昔の実験だから信憑性がないけど妊娠した。そのあと産まれてくる子がかわいそうという理由で処分されたはず
42:名無しさん@おーぷん
2016/12/06(火)17:38:24 ID:IFs
>>41
たぶんガセネタやと思うわ
<
36:名無しさん@おーぷん
2016/12/06(火)17:32:27 ID:2d8
どっかのマスコミが調べてくれんかな
人類史に残るクソ野郎として永久に許すな
39:名無しさん@おーぷん
2016/12/06(火)17:33:47 ID:jsq
実験で猿とセックスさせるやつあったよな
44:名無しさん@おーぷん
2016/12/06(火)17:40:57 ID:unu
成人の儀とかでサルとセックスする部族がおるんちゃう?
46:名無しさん@おーぷん
2016/12/06(火)17:55:49 ID:l1t
例えばライオンと虎なら異種交配可能やしな
ただし生まれてくる雑種は種無しになるけど
47:名無しさん@おーぷん
2016/12/06(火)18:18:12 ID:NdP
ぶっ殺した血が傷から入ったんやろ普通に
とらえたチンパンジーは性的に未熟で妊娠するには若すぎたので、イワノフは毎日陰部の毛に月経血がついているかどうか確認しながら何ヵ月も無駄にした。その一方で、1927年のバレンタインデーまで、檻にはどんどん新入りが詰め込まれていった。イワノフは自分の研究を秘密にしておく必要があった。地元には混血のモンスターにまつわる伝説があったため、人間が霊長類と交わることを強く禁忌しているギニア人からの怒りの疑問を避けるためだ。しかし2月28日、ついにバベットとシヴェットという名の2頭のチンパンジーが月経を迎えた。翌朝8時、地元の匿名のドナーを訪ねたあと、イワノフと息子は精子入りの注射器を手に檻に近づいた。彼らは2丁の拳銃も携帯していた。イワノフ・ジュニアが数日前に噛まれて入院していたのだ。イワノフ親子は結果的に拳銃を必要としなかったが、それはただ、バベットとシヴェットを網でつかまえて事実上レイプすることに成功したからだ。処女のチンパンジーはとにかくのたうち回り、正確に精子を入れるには子宮のほうが好都合だったのだが、イワノフはなんとか注射器を膣に押し込んだだけだった。当然のことながらこの実験は失敗し、バベットとシヴェットは数週間後に再び生理になった。そのあと数ヵ月で、大勢の若いチンパンジーが赤痢で死に、その春にイワノフが何とか精液を注入できたのはもう1頭だけだった(彼女は麻酔をかけられた)。この試みにも失敗し、追加資金を獲得するためにイワノフがソ連に連れ帰ることができるヒューマンジーは生まれなかった。じじぃの「イワノフの実験・チンパンジーと人間の受精は可能か?遺伝子の不思議な物語」 - 老兵は黙って去りゆくのみ



関連記事
友達が狂って猫のマンコに自分の精子入れてるんだが
現生人類、ネアンデルタール人、デニソワ人、3種の人類が数万年間共存していたことが判明←交配するとどうなるの?
世界驚愕の遺伝子研究! なんと秘密裏に人間と動物の混合種が150以上も作られていた

おすすめ

おすすめ

今週の人気記事

    先週の人気記事

      先々週の人気記事

        コメントランキング

        RTランキング

        おすすめサイトの最新記事