1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/03(火) 02:20:11.94 ID:Chzp0aCJ0.net
隊長「ほう…?散々貴様に目をかけてやった私から離れようというのか。…ふ、ふふふふ…ふはははははっ」

隊長「……それを、私が認めると思っているのか?もちろん、答えはNOだ。…当然だな」

隊長「貴様のその能力は、戦場の最前線でこそ役に立つもの。自らその力を無碍にするものでもあるまい……それともなにか、別の理由でもあるのか?」

隊長「…ほう。私が怖いか。私から逃げたいのか。…ふ、ふふふ…そうか、そうか…………生意気な口を利くようになったものだ…ッ!!」ガッ

隊長「…そうか、これか。こうして私の癇癪をぶつけられ、押し倒されるのが怖いのか。…ふははっ…しかし貴様は誤解している。私は癇癪持ちではない」

隊長「……私は貴様がなぁ、そう。欲しいんだよ…。身だけではなく、心だけでもなく…そう、総てをだ…っ」

隊長「貴様の意を汲み、そのまま別部隊への転属を許可することもできる。しかし…欲する者が離れていくのを黙って見ていることも、くくっ…これがなかなか出来なくてなぁ…?」

隊長「だから…私か貴様のどちらかが死ぬまでは、私の部隊で、くくく…一生を私の右腕として働いてもらうぞ。絶対に放すものか…」

隊長「…もし、貴様がまたこのような事を言ったその時は……少し、痛い目に遭ってもらうことになるやもしれんなぁ…?んふっ、ふふふふ…」

隊長「もう二度と、私を拒もうなどと…!考えられんようにしてやる…ふふ、ふふふ…!」

隊長「………今夜も、めちゃめちゃに抱いてやるからな…?覚悟しておけ…」




みたいなのどうよ
no title

引用元: ・http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1401729611/


2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/03(火) 02:20:58.55 ID:0jnYUsqD0.net
覚悟しておけまで読んだ

3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/03(火) 02:21:21.80 ID:f7U5RsaW0.net
Diesの大隊長みたいだな

4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/03(火) 02:21:28.86 ID:dNBdhEI+0.net
隊長(男とは言ってない)

9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/03(火) 02:23:04.86 ID:a8BFZnvw0.net
>>4
ほう

10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/03(火) 02:23:48.82 ID:Chzp0aCJ0.net
>>4
もとより

11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/03(火) 02:23:58.64 ID:XKHkRXc+0.net
>>4
これなら神

7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/03(火) 02:22:14.24 ID:V/aKlLIv0.net
よっしゃ!

12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/03(火) 02:24:39.01 ID:2G4OS4vZO.net
口調的に女騎士が浮かんだ

13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/03(火) 02:25:51.50 ID:XmhyFyR60.net
両方女かもしれない

14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/03(火) 02:26:14.75 ID:Pv6vlkGo0.net
それで本当に(主人公男が)別部隊になって
隊長(女)が仕事できない状態まで追い込まれて
そのあとまた戻ってきた主人公とハッピーエンド



みたいなのお願いします

25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/03(火) 02:43:50.23 ID:Chzp0aCJ0.net
>>14
隊長「……くっ、こんな、ところで……終われる、か…!……ここを突破し、私は…奴、と……」

隊長「ぬっ!?なんだ…?爆撃……敵…いや、これは……奴、は…!」

隊長「っ!!?き、貴様…なぜ、こんな所に…っ?」

隊長「そうか…別働隊が動いていたか……ふ、ふはははっ!そうかそうか、貴様の隊に…助けられたか…ふふふはははは…!」

隊長「…笑え……貴様が去ってからの、我が隊の体たらくときたら…くくく、全く、笑いが込み上げてくる…」

隊長「…やはり、私は…お前が居ねば、なにも出来なかった……ただの…傀儡だったのだ…」

隊長「何故…行ってしまったのだ……こうして、私を胸に抱き、愛を囁いてさえくれれば…それで、良かったのに…」

隊長「…寂しかった。ずっと、貴様が私の隣から消えた、あの日から……ずっと、寒かった…凍えそうで、ずっと、震えていた…」

隊長「…暖かいな、お前は……私の凍えた心を、溶かす、ようだ……ふふっ…」

隊長「……そうか…初めから、こうして…お前の胸に縋ればよかったのだな……私は、なんと…お前は……」

隊長「…すまない…少し、休む………私がまた目を覚ました、その時には……お前は、笑って……」

15: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/03(火) 02:26:28.64 ID:yN+OGQSy0.net
女部隊か…

16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/03(火) 02:26:32.93 ID:a8BFZnvw0.net
なんでもいいから続きはよ

17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/03(火) 02:26:38.37 ID:Chzp0aCJ0.net
同性愛でもなんでもお好きなように妄想してくれ

19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/03(火) 02:27:36.55 ID:UafmyYaI0.net
まあいつもの>>1だし
女と男だろ

21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/03(火) 02:28:50.18 ID:bfi/d9zD0.net
お前だと思って開いたらやっぱりお前だった

23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/03(火) 02:31:27.49 ID:Df1xPNrI0.net
捕虜になった男を助けるために敵の基地を壊滅させそう

27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/03(火) 03:04:27.70 ID:Chzp0aCJ0.net
>>23
隊長「…随分と、うちの部下が世話をかけたようだな。」

隊長「ふふふ、そう驚いた顔をしなさるな…貴公らがその男を捕らえた時点で、こうなることは予測できていたはずだ」

隊長「……ただでは殺さん。苦しんで、苦しんで…苦しみ抜いて、私と彼と、神に頭を垂れて死ね…!」


隊長「…ん。目が覚めたか。どうだ、どこか痛むか?……よし、それでいい」

隊長「…ッ!……なぜ、捕まった。私を置いて、貴様はなぜ、奴らに捕まった?」

隊長「…普通だったら、貴様の命は見捨てられていただろうな。多くの戦士の命を、一人の馬鹿に注ぎ込むわけにはいかん」

隊長「……だが、一人の馬鹿の命を注ぎ込むのなら、話は別だろう?……ああ、他の隊員、及び本部にはこのことは伏せてある」

隊長「…なにを驚いている。我が隊の隊員が捕まったのだ。救助に向かうのは当然のことだろう?……貴様の場合は、特にな。」

隊長「……まったく。貴様は本当に使えんな。はっきり言って無能だ。こんなことでは他の部隊では使い物にならん」

隊長「…貴様は、我が隊でしか、使い物にならん。…貴様をより効果的に使えるのは、他でもない…私、この私だけだ」

隊長「私の隣で、一生を消費しろ。…それしか貴様の存在価値はない。分かるな?」

隊長「……ふん。…………帰って…ヤるぞ。…貴様が捕まっている間、ずっと我慢していたからな……なあに心配するな、5時間で終える」

隊長「…貴様には……マーキングをしておかねばならんからな。…他の誰の手にも渡らぬように…しっかりと……な」

32: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/03(火) 04:30:17.52 ID:afEaNCfc0.net
ありがとう……ありがとう……



1001: 人気記事 2014/05/07(木)05:06:04

おすすめ

おすすめ

今週の人気記事

    先週の人気記事

      先々週の人気記事

        DLSITEランキング

        コメントランキング

        RTランキング

        おすすめサイトの最新記事